トップ > エクジット通信

エクジット通信

エクジット通信 2016年12月 Vol.51

税務関係のトピック

年末調整と確定申告

 年末調整は、給与の支払者が給与所得者について「毎月給料や賞与などの支払の際に源泉 徴収した税額」と「その年の給与総額について納めなければならない税額」とを比べて過 不足を精算する手続きです。これによりほとんどの人が確定申告をせずに年税額の確定と なるため重要な手続きとなります。
 一方、確定申告は個人の一年間の所得金額(給与所得、不動産所得、事業所得、譲渡所得 など)を計算し、納付税額を確定させる手続きをいいます(年末調整で税額が確定してい る人は除く)。申告期限は翌年3月15日までとなります。
 ここで、給与所得者のうち、確定申告が必要となるのは以下のとおりです。

  1. 年間の収入が2,000万円を超える場合
  2. 他の所得がある場合
    一時所得や不動産収入もしくは2箇所以上から給与をもらっている場合など
    同族会社の役員等がその法人より貸付金利子や地代家賃の支払を受けている場合
  3. 一年の途中で退職して年末調整されていない場合
  4.  また、医療費控除や寄付金控除(ふるさと納税など)がある場合は、確定申告をすること によって還付を受けることができます。さらに、住宅借入金等特別控除を受ける場合は、1年目は確定申告が必要ですが、2年目以降年末調整で可能となります。
     なお、給与所得者の還付申告は5年間可能となっています。

管理関係のトピック

経営者の言葉~強く、長く生きるヒント

 12月に入り何かと気忙しくなってきています。今年の振り返りにはまだ少し早いですが、来年につながるような上げ基調で締めくくりたいものです。最近はコーポレートガバナンスが特に強く求められ厳しさを増す企業経営ですが、個性豊かな創業経営者の方々の言葉には『強く、長く生きる』ヒントがあります(日経MJ)。力強く、貪欲で、面白いです!

~枠にとらわれない

  • スーパーは物を売る施設という発想にとどまっていてはダメ。文化施設が主で物販施設が従という店をどんどんつくる(セゾングループ総帥 堤清二)。
  • 服はステータスシンボルではない。服には個性はいらない。組み合わせで着る人が個性を出せばいい(ファーストリテイリング会長兼社長 柳井正)。
  • 人間の欲望に限りが無い。コンビニがいくら増えても飽和状態なんてありえない。絶対、モノは売れる(セブン&アイHD鈴木敏文名誉顧問)。
  • 外国に着いたら電話帳でめぼしいメーカーを探し、電話して交渉に行くことも珍しくありません。商社などにはほとんど頼みません(ニトリホールディングス会長 似鳥昭雄)。
ご不明な点や興味をひかれた点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

エクジット株式会社は内部統制・事業承継をサポートします エクジット株式会社 TEL:06-6343-2577 FAX:06-6343-2977

このページのトップへ